楽天証券のiSPEED携帯電話で株取引

携帯電話ならどこでも株の取引ができます。仕事の休み時間や旅行中でもできますから相当便利です!

まずは、楽天証券のiSPEEDという携帯電話用の株取引マシンがあります。

iSPEED

????.GIF

市況情報画面(板情報)

選択した銘柄の「板情報」がご覧になれます。

携帯電話の「決定」ボタンを押すと、最新の情報に更新されます。自動更新間隔を設定すれば、情報が最短5秒で自動的に更新されます。

携帯電話の「*」ボタンを押すと、文字サイズが3段階で大きくなります。

「メニュー」を選択すると、市況情報やチャート情報、時系列情報画面に切り替えることができます。

iSPEEDの株価ボードは、最大100銘柄登録できます。気になる銘柄の最新の株価をいつでも確認することができます。

※株価自動更新時間は8:00〜16:00となります。

凄いですね!いつでもどこでも取引できますよね。

ただiSPEEDは会員の人は無料で使えますが、当然パケット通信費は別ですし、パケット通信は相当かかりますので必ず定額制サービスへの加入はしておきましょうね。

それとですね。携帯電話の対応している機種はNTTドコモとWILLCOMです。
注意してくださいね。

・対応機種 NTTドコモ

NTTDoCoMo FOMA 以下66機種(2006年11月20日時点)
700i(N、P、F、SH)
700iS(F、SH、SA)
701i(N、D)
702i(P、D、SO、SA)、702iD(P、N、F、SH)、702iS(N、SH)
D702iF
D701iWM
P701iD
N701iECO
900i(N、P、D、F、SH)
N900iS、N900iL、N900iG、P900iV、F900iT、F900iC
901i(P、D)、901iC(N、SH、F)、901iS(N、P、D、F、SH)、P901iTV
902i(D、F、N、SH、P、SO)
902iS(P、N、F、D、SH)
SO902iWP+、SH902iSL、N902iX
903i(SH、P、D、N、F)
P851i(ProsolidU)
D851iWM

NTTDoCoMo mova以下 20機種(2006年4月24日時点)
505i(N、P、D、SH、SO)
505iS(N、P、D、SH、SO)
506i(N、D、SO)
506iS(N、SO)
506iC(P、SH、SO)
P506iCII
N506iSII


・対応機種 WILLCOM


iSPEED ver2.3.1(最新バージョン 2006/10/23 リリース)

W-ZERO3(WS004SH、WS003SH)
W-ZERO3 [es](WS007SH)

楽天証券
に口座をお持ちの方であればどなたでも無料でご利用になれます。

株をはじめるためにはまずはネット証券に口座開設しなければいけません。

そこで初心者の人で(いったいどこを選べばいいのか?)
という疑問がでてきますね。

ネット証券を選ぶ基準はまずは手数料の安さです。

とみなさんいいます。

わたしもその意見には大賛成なのですが証券会社を手数料の安さだけで選ぶのはどうかな?と思います。

それよりも重要なことはシステムの安定性とソフトの使いやすさです。手数料が安いからといって株取引中に(何度も連続してシステムが止まった)なんてシャレになりません。その間に大損する可能性があるからです。

デイトレードで儲けるために非常に重要な物はトレードツールですね。

毎日株取引するうえでこれ本当に重要です。

・リアルタイムに近い株価自動更新が使えること

・ループトレード(同一受け渡し日の同一資金での別銘柄への乗り換え売買)ができること

・投資銘柄ボード上で売買できること

・操作がしやすいことあと画面が見やすい(目が疲れにくい)こと

それプラス手数料の安さで選ぶといいと思います。

そこで私はこの条件をクリアしている楽天証券をおすすめします。

まずiスピードというトレードツールが非常に素晴らしい!

本家のPC用ツールのマーケットスピードに近い性能となっています。

おまけ
携帯の画面は小さくて見えにくい印象があると思いますがこのiスピードは非常に見やすいです。
デイトレードを始めると1日中画面を見ているため目が非常に疲れますが楽天証券のiスピードならバック画面が黒なもんで株価の動きがよくわかります。それに目が疲れにくいので目にも優しいです。

楽天証券
 
売買手数料

*約定とは取引成立したということつまり株を買えたまたは売れたということ

現物取引の場合

1日定額コース
・ 取引回数に関係なく、1日の約定代金の合計で手数料が決まります。

 20万円 まで   450円

 50万円 まで   450円

100万円 まで   900円

200万円 まで 2,100円

300万円 まで 3,150円

以降、100万円増えるごとに1、050円追加。

その1.新規の口座開設者は最初の3カ月は「20万円以下無料!」


口座開設日から3カ月間に限り、1日の約定代金合計が20万円以下の場合、手数料が無料になります。(無料対象の銘柄もあります。株取引する前に確認できますから注意してください。)

口座開設から3カ月経過後は、約定代金合計が 20万円以下の場合でも450円の手数料がかかります。

その2.日計り取引は片道分の手数料が「無料!」
同一取引において、同一銘柄の「買い」と「売り」を同一日におこなう「日計り取引」では、片道分の約定代金を定額手数料の計算にカウントいたしません。つまり片道分(現物取引の場合売りの約定分)の手数料が「無料」になります。

日計り取引は片道分の手数料が無料!

これは株取引する人にとっては非常にありがたいことです。

このサービスをしていない証券会社は多いです。以前このサービスを適用していた証券会社もありましたがいまでは片道分の手数料無料を廃止している
ところもありますから楽天証券は非常にお得になります。

説明しますね。

同じ日が前提で話しますね。例えば(月曜日9時)にA株を10万円で買いました。おっと2千円上がったぞ。売ろう!ここであなたは(月曜日10時30分)にA株を10万2千円で売りました。
(合計約定金額20万2千円)

楽天証券なら手数料450円です。普通は買いも売りも両方手数料がかかりますから900円となります。

同一銘柄の場合、売りの10万2千円分の約定分は手数料が無料ということです。
(手数料は証券会社により違いますのでこの場合は簡単にわかるように書いています)

どうですか?ぜんぜん違うでしょ。倍違うでしょう。これは非常に大きなことです。

確かに楽天証券より安い手数料を売りにしている証券会社もありますが、この片道手数料無料のサービスをしていない場合はそんなに手数料の安さに差はありません。

楽天証券はシステム・トレードツール・手数料すべてにおいてトータルでバランスがとれています。

口座開設するなら楽天証券
| 日記

松井証券ハイスピードα

携帯電話で株をはじめませんか?

携帯電話なら旅先でも簡単に株取引が出来ます。

ハイスピードαとは?
松井証券で口座開設すると、この携帯トレードツールが無料で使えます。以前でも携帯電話でのトレードは出来ましたが、今回のツールは本家(PC用)並の機能を備えた素晴らしい物となっております。

????.GIF

ハイスピードα(アルファ)は、最短5秒で自動更新される株価ボードや、複数気配情報と発注画面が一体となった「スピード注文」画面などを搭載する、最先端のiアプリです。パソコンによる取引と同等の投資環境を、松井証券の会員の方すべてに無料で提供しています。

ハイスピードαの株価ボードは、最大100銘柄登録できます。自動更新する設定も可能なので、気になる銘柄の最新の株価をいつでも確認することができます。

また、株価ボードを携帯電話の待受画面に設定することも可能です。

凄いですね!いつでもどこでも取引できますよね。

ただハイスピードαは会員の人は無料で使えますが、当然パケット通信費は別ですし、パケット通信は相当かかりますので必ず定額制サービスへの加入はしておきましょうね。

それとですね。携帯電話の対応している機種はNTTドコモです。
注意してくださいね。

対応機種 NTTドコモ
N900i / P900i / SH900i / F900i / N900iS / P900iV / F900iC / P901i / D901i / N901iC / SH901iC / F901iC / N901iS / P901iS / SH901iS / F901iS / D901iS / D902i / F902i / N902i / P902i / SH902i / SO902i / P902iS / SH902iS
<2006年11月10日追加>
F900iT / P901iTV / N902iS / D902iS / F902iS / SO902iWP+ / SH902iSL / N902iX / P903i / SH903i
※今後発売される機種は随時対応予定です。

ということで、口座開設するなら松井証券はどうですか?こちら


松井証券の特徴

・10万円以下手数料無料です。

1日の取引で約定の合計金額が10万円以下なら手数料無料となっております。対象外の銘柄もあるみたいですがほとんど大丈夫です。もちろん対象かそうでないのか事前に調べれられるので安心してください。

ちょとわかりにくいと思いますので説明します。

同じ日が前提で話しますね。例えば(月曜日9時)にA株を3万円で買いました。おっと2千円上がったぞ。売ろう!ここであなたは(月曜日10時30分)にA株を3万2千円で売りました。(合計約定金額6万2千円)
ですから松井証券なら手数料0円です。

10万円以下手数料無料の枠はあと3万8千円未満になります。

さらに同じ日(月曜日13時)にB株を1万5千円で買いました。よしまた1千円上がったぞ。下がる前にもう売ろう!と(月曜日13時15分)にB株を1万1千円で売りました。(合計約定金額2万6千円)ということで松井証券なら手数料0円です。

そろそろ10万かな?とあなたは計算すると約定合計金額が8万8千円となり手数料が無料となります。

この無料制度は株初心者にとってはとてもありがたい。最初のうちは無料制度をうまく使って練習するのもいいですよ。

10万円以内で買える株て結構あるんですよ。1番安い株なんていくらだと
思いますか?

260円ほどで株が買えます、手数料のほうが高かったりします。(笑)

普通ならいくら安い株を買っても手数料がかかりますが松井証券なら10万円以下無料となっていますから、こういう時助かりますね。

わたしも松井証券の口座をもっていますが、初心者の頃よく一番安い株を買って取引して練習していました。

この練習のおかげで無料で勉強できたわけです。

早く慣れるためにはやはり実践です。

実際に株トレードしてみてたくさんのことがわかってきます。

この無料制度がありましたので練習中は手数料を払った記憶がありません。


それとデイトレードにおいては差金決済取引の禁止といってある銘柄の株を一日の間に買って売った場合、その売却代金を使ってまた同じ株を買うことは禁止されています。ちがう株ならいいわけです。日付が変わればいいです。

*約定(やくじょう)とは株の売買注文が成立することです。注文しても買えなかったまたは売れなかった場合は約定とはいいません。買い注文が約定した時点で初めて株を保有したことになります。

10万円以上取引したとしても手数料は格安です。

松井証券の1日定額コース約定代金
 10万円まで   0円 
 30万円まで 315円
 50万円まで 525円
100万円まで1050円

というわけで初心者の人にとっては松井証券は一番ベストだと思います。

あとおまけに株取引に最高のツールが無料でつかえます。一部プロ仕様の有料のツールもありますが特に必要ありません。無料ツールで充分です。

その名はネットストックハイスピードといいます。

操作は簡単で口座開設した人なら無料で使うことができます。リアルタイムで株価がわかり簡単なマウスの操作で売買注文がスピーディーにできて自分が買いたい株や気になる株などスットクできて、すぐ売買できる状態にしておけます。

無料口座開設はこちら
松井証券
| 日記

マネックス証券の快速ポケット

いつでもどこでも素早くリアルタイムで取引できる、携帯電話でネット株をしませんか?

携帯電話ならどこでも株の取引ができますよ。仕事の休み時間や旅行中でもできますから相当便利です!

マネックス証券の株速ポケットという携帯電話用の株取引マシンが素晴らしい。

パソコンよりも携帯電話で株取引することが多い人はマネックス証券がいいと思います。

なぜなら携帯電話では不可能といわれたリアルタイムの株取引が可能だからです。

株はスピードが命です。一秒を争う事がよくあります。たった数秒で株価がガラリと変わることもめずらしくありません。

株速ポケット
〓〓〓〓〓.GIF

マネックス証券で口座開設すると無料で使うことができます。
この快速ポケットは非常に優れています。
普通の携帯電話のトレードツールは5秒更新ですが、快速ポケットならなんとリアルタイムで取引ができます。

これはパソコンで使用できる株トレードマシンと同等の性能といえます。

携帯版ではおそらくマネックス証券の快速ポケットが最強ではないでしょうか?

5秒更新とリアルタイムではぜんぜん違ってきます。

まだ株をしていない人にはわからないと思いますが、株価は5秒という時間でも変ってきます。

株はスピードが重要になってきますのでこのリアルタイムの高性能を備えた快速ポケットなら安心して株取引ができます。

快速ポケットは携帯最強のトレードツールですね。

モバイルで株取引するならマネックス証券



「株速ポケット」とは、Brew(R) テクノロジーでしかなしえない、携帯電話向けリアルタイム株価自動更新サービスです。

「株速ポケット」を利用すると、株価の複数気配値や各種指標のリアルタイム自動更新、ランキング情報、各種チャート類を軽快にご確認いただけるようになります。
また、株式注文画面で指値等を入力しなくても、「株速ポケット」の画面上の株価(気配)を選択するだけで、スピーディーに注文できる『板注文』機能も搭載しています。

*ご注意

普通に株取引するとパケット通信費が非常に高いので 、パケット通信料定額サービスへの加入をお勧めします。

対応機種 au BREW(R)


2006年11月8日(水)現在、以下のBrew2.1以上搭載の機種でご利用いただけます。

au BREW(R) 3.1搭載機種 au BREW(R) 2.1搭載機種
W41CA、W42CA、W43CA、
W32H、W41H、W42H、W43H、
W41K、W42K、W43K、
W32S、W41S、W42S、W43S、
W32SA、W33SA、W33SAII、W41SA、W42SA、W43SA、
W31T、W32T、W41T、W42T(neon)、W43T、W44T、
W41SH W21CA、W31CA、
W22H、W31H(PENCK)、
W21K、W31K、W32K、
W21S、W31S、
W22SA、W31SA

*ご注意
・ W22SAおよびW31SAは機種の仕様により、他の対応機種と比べて画面表示が数秒遅延するみたいですからなるべく違う種類にしましょう。

マネックス証券の手数料

1日定額
1日の約定金額合計

取引手数料(税込)

300万円まで 1日何回取引しても2,625円
600万円まで 1日何回取引しても5,250円
以降、300万円増える毎に 2,625円ずつ増加

うーん。1日に小額の取引をする人には手数料が少し高すぎますね。

限度枠いっぱい(300万円)まで取引するような人ならいいです。
ここの魅力は携帯電話トレードツールの性能です。

しかし、私は手数料の安さだけで証券会社を選ぶのはどうかと思いますね。
それよりも重要なことはシステムの安定性とソフトの使い勝手です。

性能で選べばダントツでマネックス証券です。しかし手数料で選ぶのであれば他の証券会社がよいでしょう。

ここではとにかく株を買ってしまったら最低2,625円以上の利益を出さないと儲けることができませんから注意が必要です。

けなしてばかりじゃいけませんから良いところもう少しいっときますね。

マネックスナイターというサービスがあります。じつはこのシステムがうりだったりします。

夜間でもリアルタイムに株式取引ができるということです。
もちろん株価は変動しません。

マネックス証券の会員さんどうしで株の売買ができます。昼間仕事している人などに非常に便利なシステムですね。

・ 手数料は株数に関わらず一約定につき500円(税込)

→ 12月28日まで0円キャンペーン実施

・ 夜間(17:30〜23:59)でも取引が出来る

・ 最大7%ディスカウントのチャンス銘柄あり

・ ほぼ全銘柄をお取り扱い

というわけです。いかがでしょうか。

普段昼間は仕事で株取引がパソコンでできない人、携帯電話で株取引したい人はいいと思います。携帯電話の株ツールのなかでは最強だからです。

マネックス証券



口座開設費、維持費ともにもちろん無料です。
| 日記

株はじめるならイー・トレード証券

ネット株をはじめて、圧倒的に稼ぎませんか?

ネット証券でも大人気のイー・トレード証券もサービスのいい証券会社です。

イー・トレード証券


1日定額手数料

アクティブプラン
1日の
約定代金合計額 手数料
〜10万円 0円
〜20万円 250円(税込)
〜30万円 315円(税込)
〜50万円 500円(税込)
〜100万円 900円(税込)
以降100万円増加毎に 420円(税込)ずつ増加

いいです!安いですね。しかも10万円以下無料です!
株取引してみたらよくわかりますが、無料制度は本当にありがたいです。

人気の新規上場株式は、オンライン専業証券で最多の389社(1999〜2006年9月末の取扱実績)。IPOのブックビルディング抽選に外れた回数に応じてポイントが加算されるIPOチャレンジポイントもあります。

イー・トレード証券の良いとこは手数料が安いということもありますが、株トレードツールが非常に使いやすく素晴らしいということも魅力です。

株を取引する以上トレードツールは非常に大事になってきます。

このHYPER E*TRADE Ver2.0のツールなら株取引に必要な要素がすべて集約されていますのでどこのツールよりもおすすめできます。

HYPER E*TRADE Ver2.0とは?
¢[??〓????.GIF

オンライン証券初の「マウス操作だけで発注、指値変更、取消ができるドラッグ&ドロップ発注機能」を搭載し、情報収集から注文発注まで一貫してサポートするトレーディングツールHYPER E*TRADE Ver2.0をご用意。お客様の部屋がトレーディングルームに変わります。

イー・トレード証券は、口座開設者数、預り資産、月間株式売買代金でオンライン専業証券会社中ナンバーワン(2006年9月末)。第三者評価機関による調査でも総合評価ナンバーワン。多くの方に選んでいただいている証券会社です。

さすがはナンバーワンといわれるだけありますね。

ここは口座開設無料、維持費も無料ですね。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならイー・トレード証券



それとですね。パソコン上だけではなくてモバイルでも株取引ができるんですよ。

それも凄い性能です!

イー・トレード証券なら携帯電話でも株トレードができますよ。

そうです、どこにいても株取引ができますよ、仕事などあと旅行中でもチョとした時間に株取引して儲けることができます。

HYPER MOBILE(携帯電話バージョン)

〓[〓〓[〓.GIF

株価自動更新(最短5秒)機能搭載のiアプリトレーディングツール「HYPER MOBILE」!リアルタイムの投資情報で迅速な取引が可能です。

最大400銘柄(20リスト×20銘柄)を登録・編集することが可能です。
銘柄リストはFOMA端末内に保存されますので、銘柄の登録、編集もスピーディかつ簡単です。

凄いですね、400銘柄も登録出来るんですね。これは便利です。

イートレード証券で口座開設している会員の人なら無料で使えます。

(ただし、携帯電話の基本料金及び通信料はお客様のご負担となります。自動更新設定をされた場合、情報更新頻度が高くなるため、HYPER MOBILEのご利用に際してはパケット定額サービスのご利用をお勧め致します。)

サービス提供端末NTTドコモ

FOMA900i・901i・902i・903iシリーズの各機種、F702iD (2006/10/26時点)
※F702iD を除くFOMA700i・701i・702iシリーズ、mova等、上記以外のiアプリ対応携帯電話は、サービスの提供対象外となりますので、予めご了承ください。

バランスがいいですね。いろいろ証券会社はありますがここもおすすめですね。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならイー・トレード証券
| 日記

楽天証券のiSPEED携帯電話で株取引

携帯電話ならどこでも株の取引ができます。仕事の休み時間や旅行中でもできますから相当便利です!

まずは、楽天証券のiSPEEDという携帯電話用の株取引マシンがあります。

iSPEED

????.GIF

市況情報画面(板情報)

選択した銘柄の「板情報」がご覧になれます。

携帯電話の「決定」ボタンを押すと、最新の情報に更新されます。自動更新間隔を設定すれば、情報が最短5秒で自動的に更新されます。

携帯電話の「*」ボタンを押すと、文字サイズが3段階で大きくなります。

「メニュー」を選択すると、市況情報やチャート情報、時系列情報画面に切り替えることができます。

iSPEEDの株価ボードは、最大100銘柄登録できます。気になる銘柄の最新の株価をいつでも確認することができます。

※株価自動更新時間は8:00〜16:00となります。

凄いですね!いつでもどこでも取引できますよね。

ただiSPEEDは会員の人は無料で使えますが、当然パケット通信費は別ですし、パケット通信は相当かかりますので必ず定額制サービスへの加入はしておきましょうね。

それとですね。携帯電話の対応している機種はNTTドコモとWILLCOMです。
注意してくださいね。

・対応機種 NTTドコモ

NTTDoCoMo FOMA 以下66機種(2006年11月20日時点)
700i(N、P、F、SH)
700iS(F、SH、SA)
701i(N、D)
702i(P、D、SO、SA)、702iD(P、N、F、SH)、702iS(N、SH)
D702iF
D701iWM
P701iD
N701iECO
900i(N、P、D、F、SH)
N900iS、N900iL、N900iG、P900iV、F900iT、F900iC
901i(P、D)、901iC(N、SH、F)、901iS(N、P、D、F、SH)、P901iTV
902i(D、F、N、SH、P、SO)
902iS(P、N、F、D、SH)
SO902iWP+、SH902iSL、N902iX
903i(SH、P、D、N、F)
P851i(ProsolidU)
D851iWM

NTTDoCoMo mova以下 20機種(2006年4月24日時点)
505i(N、P、D、SH、SO)
505iS(N、P、D、SH、SO)
506i(N、D、SO)
506iS(N、SO)
506iC(P、SH、SO)
P506iCII
N506iSII


・対応機種 WILLCOM


iSPEED ver2.3.1(最新バージョン 2006/10/23 リリース)

W-ZERO3(WS004SH、WS003SH)
W-ZERO3 [es](WS007SH)

楽天証券
に口座をお持ちの方であればどなたでも無料でご利用になれます。

株をはじめるためにはまずはネット証券に口座開設しなければいけません。

そこで初心者の人で(いったいどこを選べばいいのか?)
という疑問がでてきますね。

ネット証券を選ぶ基準はまずは手数料の安さです。

とみなさんいいます。

わたしもその意見には大賛成なのですが証券会社を手数料の安さだけで選ぶのはどうかな?と思います。

それよりも重要なことはシステムの安定性とソフトの使いやすさです。手数料が安いからといって株取引中に(何度も連続してシステムが止まった)なんてシャレになりません。その間に大損する可能性があるからです。

デイトレードで儲けるために非常に重要な物はトレードツールですね。

毎日株取引するうえでこれ本当に重要です。

・リアルタイムに近い株価自動更新が使えること

・ループトレード(同一受け渡し日の同一資金での別銘柄への乗り換え売買)ができること

・投資銘柄ボード上で売買できること

・操作がしやすいことあと画面が見やすい(目が疲れにくい)こと

それプラス手数料の安さで選ぶといいと思います。

そこで私はこの条件をクリアしている楽天証券をおすすめします。

まずiスピードというトレードツールが非常に素晴らしい!

本家のPC用ツールのマーケットスピードに近い性能となっています。

おまけ
携帯の画面は小さくて見えにくい印象があると思いますがこのiスピードは非常に見やすいです。
デイトレードを始めると1日中画面を見ているため目が非常に疲れますが楽天証券のiスピードならバック画面が黒なもんで株価の動きがよくわかります。それに目が疲れにくいので目にも優しいです。

楽天証券
 
売買手数料

*約定とは取引成立したということつまり株を買えたまたは売れたということ

現物取引の場合

1日定額コース
・ 取引回数に関係なく、1日の約定代金の合計で手数料が決まります。

 20万円 まで   450円

 50万円 まで   450円

100万円 まで   900円

200万円 まで 2,100円

300万円 まで 3,150円

以降、100万円増えるごとに1、050円追加。

その1.新規の口座開設者は最初の3カ月は「20万円以下無料!」


口座開設日から3カ月間に限り、1日の約定代金合計が20万円以下の場合、手数料が無料になります。(無料対象の銘柄もあります。株取引する前に確認できますから注意してください。)

口座開設から3カ月経過後は、約定代金合計が 20万円以下の場合でも450円の手数料がかかります。

その2.日計り取引は片道分の手数料が「無料!」
同一取引において、同一銘柄の「買い」と「売り」を同一日におこなう「日計り取引」では、片道分の約定代金を定額手数料の計算にカウントいたしません。つまり片道分(現物取引の場合売りの約定分)の手数料が「無料」になります。

日計り取引は片道分の手数料が無料!

これは株取引する人にとっては非常にありがたいことです。

このサービスをしていない証券会社は多いです。以前このサービスを適用していた証券会社もありましたがいまでは片道分の手数料無料を廃止している
ところもありますから楽天証券は非常にお得になります。

説明しますね。

同じ日が前提で話しますね。例えば(月曜日9時)にA株を10万円で買いました。おっと2千円上がったぞ。売ろう!ここであなたは(月曜日10時30分)にA株を10万2千円で売りました。
(合計約定金額20万2千円)

楽天証券なら手数料450円です。普通は買いも売りも両方手数料がかかりますから900円となります。

同一銘柄の場合、売りの10万2千円分の約定分は手数料が無料ということです。
(手数料は証券会社により違いますのでこの場合は簡単にわかるように書いています)

どうですか?ぜんぜん違うでしょ。倍違うでしょう。これは非常に大きなことです。

確かに楽天証券より安い手数料を売りにしている証券会社もありますが、この片道手数料無料のサービスをしていない場合はそんなに手数料の安さに差はありません。

楽天証券はシステム・トレードツール・手数料すべてにおいてトータルでバランスがとれています。

口座開設するなら楽天証券
| 日記

松井証券ハイスピードα

携帯電話で株をはじめませんか?

携帯電話なら旅先でも簡単に株取引が出来ます。

ハイスピードαとは?
松井証券で口座開設すると、この携帯トレードツールが無料で使えます。以前でも携帯電話でのトレードは出来ましたが、今回のツールは本家(PC用)並の機能を備えた素晴らしい物となっております。

????.GIF

ハイスピードα(アルファ)は、最短5秒で自動更新される株価ボードや、複数気配情報と発注画面が一体となった「スピード注文」画面などを搭載する、最先端のiアプリです。パソコンによる取引と同等の投資環境を、松井証券の会員の方すべてに無料で提供しています。

ハイスピードαの株価ボードは、最大100銘柄登録できます。自動更新する設定も可能なので、気になる銘柄の最新の株価をいつでも確認することができます。

また、株価ボードを携帯電話の待受画面に設定することも可能です。

凄いですね!いつでもどこでも取引できますよね。

ただハイスピードαは会員の人は無料で使えますが、当然パケット通信費は別ですし、パケット通信は相当かかりますので必ず定額制サービスへの加入はしておきましょうね。

それとですね。携帯電話の対応している機種はNTTドコモです。
注意してくださいね。

対応機種 NTTドコモ
N900i / P900i / SH900i / F900i / N900iS / P900iV / F900iC / P901i / D901i / N901iC / SH901iC / F901iC / N901iS / P901iS / SH901iS / F901iS / D901iS / D902i / F902i / N902i / P902i / SH902i / SO902i / P902iS / SH902iS
<2006年11月10日追加>
F900iT / P901iTV / N902iS / D902iS / F902iS / SO902iWP+ / SH902iSL / N902iX / P903i / SH903i
※今後発売される機種は随時対応予定です。

ということで、口座開設するなら松井証券はどうですか?こちら


松井証券の特徴

・10万円以下手数料無料です。

1日の取引で約定の合計金額が10万円以下なら手数料無料となっております。対象外の銘柄もあるみたいですがほとんど大丈夫です。もちろん対象かそうでないのか事前に調べれられるので安心してください。

ちょとわかりにくいと思いますので説明します。

同じ日が前提で話しますね。例えば(月曜日9時)にA株を3万円で買いました。おっと2千円上がったぞ。売ろう!ここであなたは(月曜日10時30分)にA株を3万2千円で売りました。(合計約定金額6万2千円)
ですから松井証券なら手数料0円です。

10万円以下手数料無料の枠はあと3万8千円未満になります。

さらに同じ日(月曜日13時)にB株を1万5千円で買いました。よしまた1千円上がったぞ。下がる前にもう売ろう!と(月曜日13時15分)にB株を1万1千円で売りました。(合計約定金額2万6千円)ということで松井証券なら手数料0円です。

そろそろ10万かな?とあなたは計算すると約定合計金額が8万8千円となり手数料が無料となります。

この無料制度は株初心者にとってはとてもありがたい。最初のうちは無料制度をうまく使って練習するのもいいですよ。

10万円以内で買える株て結構あるんですよ。1番安い株なんていくらだと
思いますか?

260円ほどで株が買えます、手数料のほうが高かったりします。(笑)

普通ならいくら安い株を買っても手数料がかかりますが松井証券なら10万円以下無料となっていますから、こういう時助かりますね。

わたしも松井証券の口座をもっていますが、初心者の頃よく一番安い株を買って取引して練習していました。

この練習のおかげで無料で勉強できたわけです。

早く慣れるためにはやはり実践です。

実際に株トレードしてみてたくさんのことがわかってきます。

この無料制度がありましたので練習中は手数料を払った記憶がありません。


それとデイトレードにおいては差金決済取引の禁止といってある銘柄の株を一日の間に買って売った場合、その売却代金を使ってまた同じ株を買うことは禁止されています。ちがう株ならいいわけです。日付が変わればいいです。

*約定(やくじょう)とは株の売買注文が成立することです。注文しても買えなかったまたは売れなかった場合は約定とはいいません。買い注文が約定した時点で初めて株を保有したことになります。

10万円以上取引したとしても手数料は格安です。

松井証券の1日定額コース約定代金
 10万円まで   0円 
 30万円まで 315円
 50万円まで 525円
100万円まで1050円

というわけで初心者の人にとっては松井証券は一番ベストだと思います。

あとおまけに株取引に最高のツールが無料でつかえます。一部プロ仕様の有料のツールもありますが特に必要ありません。無料ツールで充分です。

その名はネットストックハイスピードといいます。

操作は簡単で口座開設した人なら無料で使うことができます。リアルタイムで株価がわかり簡単なマウスの操作で売買注文がスピーディーにできて自分が買いたい株や気になる株などスットクできて、すぐ売買できる状態にしておけます。

無料口座開設はこちら
松井証券
| 日記

マネックス証券の快速ポケット

いつでもどこでも素早くリアルタイムで取引できる、携帯電話でネット株をしませんか?

携帯電話ならどこでも株の取引ができますよ。仕事の休み時間や旅行中でもできますから相当便利です!

マネックス証券の株速ポケットという携帯電話用の株取引マシンが素晴らしい。

パソコンよりも携帯電話で株取引することが多い人はマネックス証券がいいと思います。

なぜなら携帯電話では不可能といわれたリアルタイムの株取引が可能だからです。

株はスピードが命です。一秒を争う事がよくあります。たった数秒で株価がガラリと変わることもめずらしくありません。

株速ポケット
〓〓〓〓〓.GIF

マネックス証券で口座開設すると無料で使うことができます。
この快速ポケットは非常に優れています。
普通の携帯電話のトレードツールは5秒更新ですが、快速ポケットならなんとリアルタイムで取引ができます。

これはパソコンで使用できる株トレードマシンと同等の性能といえます。

携帯版ではおそらくマネックス証券の快速ポケットが最強ではないでしょうか?

5秒更新とリアルタイムではぜんぜん違ってきます。

まだ株をしていない人にはわからないと思いますが、株価は5秒という時間でも変ってきます。

株はスピードが重要になってきますのでこのリアルタイムの高性能を備えた快速ポケットなら安心して株取引ができます。

快速ポケットは携帯最強のトレードツールですね。

モバイルで株取引するならマネックス証券



「株速ポケット」とは、Brew(R) テクノロジーでしかなしえない、携帯電話向けリアルタイム株価自動更新サービスです。

「株速ポケット」を利用すると、株価の複数気配値や各種指標のリアルタイム自動更新、ランキング情報、各種チャート類を軽快にご確認いただけるようになります。
また、株式注文画面で指値等を入力しなくても、「株速ポケット」の画面上の株価(気配)を選択するだけで、スピーディーに注文できる『板注文』機能も搭載しています。

*ご注意

普通に株取引するとパケット通信費が非常に高いので 、パケット通信料定額サービスへの加入をお勧めします。

対応機種 au BREW(R)


2006年11月8日(水)現在、以下のBrew2.1以上搭載の機種でご利用いただけます。

au BREW(R) 3.1搭載機種 au BREW(R) 2.1搭載機種
W41CA、W42CA、W43CA、
W32H、W41H、W42H、W43H、
W41K、W42K、W43K、
W32S、W41S、W42S、W43S、
W32SA、W33SA、W33SAII、W41SA、W42SA、W43SA、
W31T、W32T、W41T、W42T(neon)、W43T、W44T、
W41SH W21CA、W31CA、
W22H、W31H(PENCK)、
W21K、W31K、W32K、
W21S、W31S、
W22SA、W31SA

*ご注意
・ W22SAおよびW31SAは機種の仕様により、他の対応機種と比べて画面表示が数秒遅延するみたいですからなるべく違う種類にしましょう。

マネックス証券の手数料

1日定額
1日の約定金額合計

取引手数料(税込)

300万円まで 1日何回取引しても2,625円
600万円まで 1日何回取引しても5,250円
以降、300万円増える毎に 2,625円ずつ増加

うーん。1日に小額の取引をする人には手数料が少し高すぎますね。

限度枠いっぱい(300万円)まで取引するような人ならいいです。
ここの魅力は携帯電話トレードツールの性能です。

しかし、私は手数料の安さだけで証券会社を選ぶのはどうかと思いますね。
それよりも重要なことはシステムの安定性とソフトの使い勝手です。

性能で選べばダントツでマネックス証券です。しかし手数料で選ぶのであれば他の証券会社がよいでしょう。

ここではとにかく株を買ってしまったら最低2,625円以上の利益を出さないと儲けることができませんから注意が必要です。

けなしてばかりじゃいけませんから良いところもう少しいっときますね。

マネックスナイターというサービスがあります。じつはこのシステムがうりだったりします。

夜間でもリアルタイムに株式取引ができるということです。
もちろん株価は変動しません。

マネックス証券の会員さんどうしで株の売買ができます。昼間仕事している人などに非常に便利なシステムですね。

・ 手数料は株数に関わらず一約定につき500円(税込)

→ 12月28日まで0円キャンペーン実施

・ 夜間(17:30〜23:59)でも取引が出来る

・ 最大7%ディスカウントのチャンス銘柄あり

・ ほぼ全銘柄をお取り扱い

というわけです。いかがでしょうか。

普段昼間は仕事で株取引がパソコンでできない人、携帯電話で株取引したい人はいいと思います。携帯電話の株ツールのなかでは最強だからです。

マネックス証券



口座開設費、維持費ともにもちろん無料です。
| 日記

株はじめるならイー・トレード証券

ネット株をはじめて、圧倒的に稼ぎませんか?

ネット証券でも大人気のイー・トレード証券もサービスのいい証券会社です。

イー・トレード証券


1日定額手数料

アクティブプラン
1日の
約定代金合計額 手数料
〜10万円 0円
〜20万円 250円(税込)
〜30万円 315円(税込)
〜50万円 500円(税込)
〜100万円 900円(税込)
以降100万円増加毎に 420円(税込)ずつ増加

いいです!安いですね。しかも10万円以下無料です!
株取引してみたらよくわかりますが、無料制度は本当にありがたいです。

人気の新規上場株式は、オンライン専業証券で最多の389社(1999〜2006年9月末の取扱実績)。IPOのブックビルディング抽選に外れた回数に応じてポイントが加算されるIPOチャレンジポイントもあります。

イー・トレード証券の良いとこは手数料が安いということもありますが、株トレードツールが非常に使いやすく素晴らしいということも魅力です。

株を取引する以上トレードツールは非常に大事になってきます。

このHYPER E*TRADE Ver2.0のツールなら株取引に必要な要素がすべて集約されていますのでどこのツールよりもおすすめできます。

HYPER E*TRADE Ver2.0とは?
¢[??〓????.GIF

オンライン証券初の「マウス操作だけで発注、指値変更、取消ができるドラッグ&ドロップ発注機能」を搭載し、情報収集から注文発注まで一貫してサポートするトレーディングツールHYPER E*TRADE Ver2.0をご用意。お客様の部屋がトレーディングルームに変わります。

イー・トレード証券は、口座開設者数、預り資産、月間株式売買代金でオンライン専業証券会社中ナンバーワン(2006年9月末)。第三者評価機関による調査でも総合評価ナンバーワン。多くの方に選んでいただいている証券会社です。

さすがはナンバーワンといわれるだけありますね。

ここは口座開設無料、維持費も無料ですね。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならイー・トレード証券



それとですね。パソコン上だけではなくてモバイルでも株取引ができるんですよ。

それも凄い性能です!

イー・トレード証券なら携帯電話でも株トレードができますよ。

そうです、どこにいても株取引ができますよ、仕事などあと旅行中でもチョとした時間に株取引して儲けることができます。

HYPER MOBILE(携帯電話バージョン)

〓[〓〓[〓.GIF

株価自動更新(最短5秒)機能搭載のiアプリトレーディングツール「HYPER MOBILE」!リアルタイムの投資情報で迅速な取引が可能です。

最大400銘柄(20リスト×20銘柄)を登録・編集することが可能です。
銘柄リストはFOMA端末内に保存されますので、銘柄の登録、編集もスピーディかつ簡単です。

凄いですね、400銘柄も登録出来るんですね。これは便利です。

イートレード証券で口座開設している会員の人なら無料で使えます。

(ただし、携帯電話の基本料金及び通信料はお客様のご負担となります。自動更新設定をされた場合、情報更新頻度が高くなるため、HYPER MOBILEのご利用に際してはパケット定額サービスのご利用をお勧め致します。)

サービス提供端末NTTドコモ

FOMA900i・901i・902i・903iシリーズの各機種、F702iD (2006/10/26時点)
※F702iD を除くFOMA700i・701i・702iシリーズ、mova等、上記以外のiアプリ対応携帯電話は、サービスの提供対象外となりますので、予めご了承ください。

バランスがいいですね。いろいろ証券会社はありますがここもおすすめですね。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならイー・トレード証券
| 日記

楽天証券のiSPEED携帯電話で株取引

携帯電話ならどこでも株の取引ができます。仕事の休み時間や旅行中でもできますから相当便利です!

まずは、楽天証券のiSPEEDという携帯電話用の株取引マシンがあります。

iSPEED

????.GIF

市況情報画面(板情報)

選択した銘柄の「板情報」がご覧になれます。

携帯電話の「決定」ボタンを押すと、最新の情報に更新されます。自動更新間隔を設定すれば、情報が最短5秒で自動的に更新されます。

携帯電話の「*」ボタンを押すと、文字サイズが3段階で大きくなります。

「メニュー」を選択すると、市況情報やチャート情報、時系列情報画面に切り替えることができます。

iSPEEDの株価ボードは、最大100銘柄登録できます。気になる銘柄の最新の株価をいつでも確認することができます。

※株価自動更新時間は8:00〜16:00となります。

凄いですね!いつでもどこでも取引できますよね。

ただiSPEEDは会員の人は無料で使えますが、当然パケット通信費は別ですし、パケット通信は相当かかりますので必ず定額制サービスへの加入はしておきましょうね。

それとですね。携帯電話の対応している機種はNTTドコモとWILLCOMです。
注意してくださいね。

・対応機種 NTTドコモ

NTTDoCoMo FOMA 以下66機種(2006年11月20日時点)
700i(N、P、F、SH)
700iS(F、SH、SA)
701i(N、D)
702i(P、D、SO、SA)、702iD(P、N、F、SH)、702iS(N、SH)
D702iF
D701iWM
P701iD
N701iECO
900i(N、P、D、F、SH)
N900iS、N900iL、N900iG、P900iV、F900iT、F900iC
901i(P、D)、901iC(N、SH、F)、901iS(N、P、D、F、SH)、P901iTV
902i(D、F、N、SH、P、SO)
902iS(P、N、F、D、SH)
SO902iWP+、SH902iSL、N902iX
903i(SH、P、D、N、F)
P851i(ProsolidU)
D851iWM

NTTDoCoMo mova以下 20機種(2006年4月24日時点)
505i(N、P、D、SH、SO)
505iS(N、P、D、SH、SO)
506i(N、D、SO)
506iS(N、SO)
506iC(P、SH、SO)
P506iCII
N506iSII


・対応機種 WILLCOM


iSPEED ver2.3.1(最新バージョン 2006/10/23 リリース)

W-ZERO3(WS004SH、WS003SH)
W-ZERO3 [es](WS007SH)

楽天証券
に口座をお持ちの方であればどなたでも無料でご利用になれます。

株をはじめるためにはまずはネット証券に口座開設しなければいけません。

そこで初心者の人で(いったいどこを選べばいいのか?)
という疑問がでてきますね。

ネット証券を選ぶ基準はまずは手数料の安さです。

とみなさんいいます。

わたしもその意見には大賛成なのですが証券会社を手数料の安さだけで選ぶのはどうかな?と思います。

それよりも重要なことはシステムの安定性とソフトの使いやすさです。手数料が安いからといって株取引中に(何度も連続してシステムが止まった)なんてシャレになりません。その間に大損する可能性があるからです。

デイトレードで儲けるために非常に重要な物はトレードツールですね。

毎日株取引するうえでこれ本当に重要です。

・リアルタイムに近い株価自動更新が使えること

・ループトレード(同一受け渡し日の同一資金での別銘柄への乗り換え売買)ができること

・投資銘柄ボード上で売買できること

・操作がしやすいことあと画面が見やすい(目が疲れにくい)こと

それプラス手数料の安さで選ぶといいと思います。

そこで私はこの条件をクリアしている楽天証券をおすすめします。

まずiスピードというトレードツールが非常に素晴らしい!

本家のPC用ツールのマーケットスピードに近い性能となっています。

おまけ
携帯の画面は小さくて見えにくい印象があると思いますがこのiスピードは非常に見やすいです。
デイトレードを始めると1日中画面を見ているため目が非常に疲れますが楽天証券のiスピードならバック画面が黒なもんで株価の動きがよくわかります。それに目が疲れにくいので目にも優しいです。

楽天証券
 
売買手数料

*約定とは取引成立したということつまり株を買えたまたは売れたということ

現物取引の場合

1日定額コース
・ 取引回数に関係なく、1日の約定代金の合計で手数料が決まります。

 20万円 まで   450円

 50万円 まで   450円

100万円 まで   900円

200万円 まで 2,100円

300万円 まで 3,150円

以降、100万円増えるごとに1、050円追加。

その1.新規の口座開設者は最初の3カ月は「20万円以下無料!」


口座開設日から3カ月間に限り、1日の約定代金合計が20万円以下の場合、手数料が無料になります。(無料対象の銘柄もあります。株取引する前に確認できますから注意してください。)

口座開設から3カ月経過後は、約定代金合計が 20万円以下の場合でも450円の手数料がかかります。

その2.日計り取引は片道分の手数料が「無料!」
同一取引において、同一銘柄の「買い」と「売り」を同一日におこなう「日計り取引」では、片道分の約定代金を定額手数料の計算にカウントいたしません。つまり片道分(現物取引の場合売りの約定分)の手数料が「無料」になります。

日計り取引は片道分の手数料が無料!

これは株取引する人にとっては非常にありがたいことです。

このサービスをしていない証券会社は多いです。以前このサービスを適用していた証券会社もありましたがいまでは片道分の手数料無料を廃止している
ところもありますから楽天証券は非常にお得になります。

説明しますね。

同じ日が前提で話しますね。例えば(月曜日9時)にA株を10万円で買いました。おっと2千円上がったぞ。売ろう!ここであなたは(月曜日10時30分)にA株を10万2千円で売りました。
(合計約定金額20万2千円)

楽天証券なら手数料450円です。普通は買いも売りも両方手数料がかかりますから900円となります。

同一銘柄の場合、売りの10万2千円分の約定分は手数料が無料ということです。
(手数料は証券会社により違いますのでこの場合は簡単にわかるように書いています)

どうですか?ぜんぜん違うでしょ。倍違うでしょう。これは非常に大きなことです。

確かに楽天証券より安い手数料を売りにしている証券会社もありますが、この片道手数料無料のサービスをしていない場合はそんなに手数料の安さに差はありません。

楽天証券はシステム・トレードツール・手数料すべてにおいてトータルでバランスがとれています。

口座開設するなら楽天証券
| 日記

松井証券ハイスピードα

携帯電話で株をはじめませんか?

携帯電話なら旅先でも簡単に株取引が出来ます。

ハイスピードαとは?
松井証券で口座開設すると、この携帯トレードツールが無料で使えます。以前でも携帯電話でのトレードは出来ましたが、今回のツールは本家(PC用)並の機能を備えた素晴らしい物となっております。

????.GIF

ハイスピードα(アルファ)は、最短5秒で自動更新される株価ボードや、複数気配情報と発注画面が一体となった「スピード注文」画面などを搭載する、最先端のiアプリです。パソコンによる取引と同等の投資環境を、松井証券の会員の方すべてに無料で提供しています。

ハイスピードαの株価ボードは、最大100銘柄登録できます。自動更新する設定も可能なので、気になる銘柄の最新の株価をいつでも確認することができます。

また、株価ボードを携帯電話の待受画面に設定することも可能です。

凄いですね!いつでもどこでも取引できますよね。

ただハイスピードαは会員の人は無料で使えますが、当然パケット通信費は別ですし、パケット通信は相当かかりますので必ず定額制サービスへの加入はしておきましょうね。

それとですね。携帯電話の対応している機種はNTTドコモです。
注意してくださいね。

対応機種 NTTドコモ
N900i / P900i / SH900i / F900i / N900iS / P900iV / F900iC / P901i / D901i / N901iC / SH901iC / F901iC / N901iS / P901iS / SH901iS / F901iS / D901iS / D902i / F902i / N902i / P902i / SH902i / SO902i / P902iS / SH902iS
<2006年11月10日追加>
F900iT / P901iTV / N902iS / D902iS / F902iS / SO902iWP+ / SH902iSL / N902iX / P903i / SH903i
※今後発売される機種は随時対応予定です。

ということで、口座開設するなら松井証券はどうですか?こちら


松井証券の特徴

・10万円以下手数料無料です。

1日の取引で約定の合計金額が10万円以下なら手数料無料となっております。対象外の銘柄もあるみたいですがほとんど大丈夫です。もちろん対象かそうでないのか事前に調べれられるので安心してください。

ちょとわかりにくいと思いますので説明します。

同じ日が前提で話しますね。例えば(月曜日9時)にA株を3万円で買いました。おっと2千円上がったぞ。売ろう!ここであなたは(月曜日10時30分)にA株を3万2千円で売りました。(合計約定金額6万2千円)
ですから松井証券なら手数料0円です。

10万円以下手数料無料の枠はあと3万8千円未満になります。

さらに同じ日(月曜日13時)にB株を1万5千円で買いました。よしまた1千円上がったぞ。下がる前にもう売ろう!と(月曜日13時15分)にB株を1万1千円で売りました。(合計約定金額2万6千円)ということで松井証券なら手数料0円です。

そろそろ10万かな?とあなたは計算すると約定合計金額が8万8千円となり手数料が無料となります。

この無料制度は株初心者にとってはとてもありがたい。最初のうちは無料制度をうまく使って練習するのもいいですよ。

10万円以内で買える株て結構あるんですよ。1番安い株なんていくらだと
思いますか?

260円ほどで株が買えます、手数料のほうが高かったりします。(笑)

普通ならいくら安い株を買っても手数料がかかりますが松井証券なら10万円以下無料となっていますから、こういう時助かりますね。

わたしも松井証券の口座をもっていますが、初心者の頃よく一番安い株を買って取引して練習していました。

この練習のおかげで無料で勉強できたわけです。

早く慣れるためにはやはり実践です。

実際に株トレードしてみてたくさんのことがわかってきます。

この無料制度がありましたので練習中は手数料を払った記憶がありません。


それとデイトレードにおいては差金決済取引の禁止といってある銘柄の株を一日の間に買って売った場合、その売却代金を使ってまた同じ株を買うことは禁止されています。ちがう株ならいいわけです。日付が変わればいいです。

*約定(やくじょう)とは株の売買注文が成立することです。注文しても買えなかったまたは売れなかった場合は約定とはいいません。買い注文が約定した時点で初めて株を保有したことになります。

10万円以上取引したとしても手数料は格安です。

松井証券の1日定額コース約定代金
 10万円まで   0円 
 30万円まで 315円
 50万円まで 525円
100万円まで1050円

というわけで初心者の人にとっては松井証券は一番ベストだと思います。

あとおまけに株取引に最高のツールが無料でつかえます。一部プロ仕様の有料のツールもありますが特に必要ありません。無料ツールで充分です。

その名はネットストックハイスピードといいます。

操作は簡単で口座開設した人なら無料で使うことができます。リアルタイムで株価がわかり簡単なマウスの操作で売買注文がスピーディーにできて自分が買いたい株や気になる株などスットクできて、すぐ売買できる状態にしておけます。

無料口座開設はこちら
松井証券
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。